クリニックで働くことと患者の工夫 sayitbold.com

私たちがクリニックへ行くときに工夫する事


クリニックで働くことと患者の工夫
トップ » クリニック

Contents

運営者情報

クリニックで働く看護師のメリット

クリニックとは入院病床がない、もしくは19床以下の医療機関のことで、一般的には近所のかかりつけ医といったイメージです。そこで働く看護師のメリットは、人間関係の悩みが少ないことです。基本的にスタッフの数が少なく、家庭を持った主婦など年齢層が高めの傾向にあることや緊急を要する現場ではないため精神的な負担が少ないことが挙げられます。また一人の医師の下で働くことが多く、組織的な争いがないことも関係しているといえるでしょう。クリニックで働くもう一つのメリットとしては、休日がはっきりしていることです。

風邪のときには診療所へ行ってみる

風邪をひくと咳が出たり、鼻水やくしゃみ発熱などの諸症状があります。それらの症状があると、体はだらしくて思うように行動が伴いません。そんな症状を改善するために、診療所へ行くと適切な処置を行ってくれるわけです。問診から始まる診察を受け、場合によっては注射をしたりして風邪の症状を治します。診療所ではその一度の診察で終わる場合が、ほとんどなのですが後は自宅にて静養を取るという形をとります。その静養をしっかりと取るということが、風邪の時には非常に大切なことですのでそのことを忠実に守るようにします。

クリニックで導入の待ち時間の工夫

かつて病院やクリニックでは待ち時間が長い事が当たり前としていましたが、今では多くの病院やクリニックで導入しているのが患者の待ち時間の緩和において、「診療予約システム」です。あらかじめ事前電話や当日窓口で予約をする事で、随時、電光掲示板で診察中の番号を表示したり、自分より前に何人の患者がいるのかが判るようになっています。またパソコンや携帯電話などでクリニックに居なくても外で待ち時間や人数を確認できるものです。